保育士から転職する人が増えている?

待機児童問題が深刻になっています。

子どもを預けて、仕事をしたいのに、預かってもらえる保育所がない。
何カ所も申し込んだが、結果的にどこも空きがなくて、入園できない、そんなケースが増えています。

その背景にあるのが、保育士さんの不足です。
保育園側は定員を増やしたいのですが、保育士がいないのです。
求人をしても、応募者がいないのです。

なぜ、保育士が不足しているのでしょう。

それは、せっかく大学で保育士の免許を取得していても、転職して他の職業についている人が多いことが原因だと言われています。

なぜ、免許を持ちながら保育の仕事に就かないのでしょうか。

保育士の転職の初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

なぜ転職していくのでしょうか。

最大の原因は、給料の安さにあるといわれます。



保育所の仕事は、見た目は子どもたちに囲まれて、やさしい職場だと思われがちですが、実際は子どもたち一人ひとりに個性があって全員一律には扱えません。


さまざまな配慮をしながら、個別に対応することが必要です。
さらに保護者の生活時間も一律でなく長時間の保育なども増えています。
このように精神的、肉体的にハードな労働に迫られているにもかかわらず、給料が安いことが、転職者が多いことの理由となっています。


給与待遇面のみで、保育士不足が解消できるわけではありませんが、免許を所持している女性や、出産後の若いお母さんたちが、再就職を目指せるような待遇改善が進むことが、保育環境を改善する道です。

一億総参加型社会を目指す現在の政府の方針に沿った形で、希望するすべての子どもたちを預かれるようになれば、人口増や女性の社会進出への弾みになります。

そのために、保育園をもっと増やす政策が望まれます。

あなたの知らないNAVERまとめサイトを今すぐ確認してみましょう。