ブランクがあっても保育士に転職できる?

保育士と言う仕事は女性が主力となる業界であるため、一般的な仕事と比べるとブランクを持っている人が多い傾向があります。

例えば結婚や出産を機に前の職場を退職したというケースは珍しいものでもありませんし、若い人ですと別の業界に興味が出てそちらにチャレンジしてきた、また昨今では心身の問題で仕事ができない状態になって退職したが回復して再び働けるようになったというようなケースもあるでしょう。



ただそうしたブランクを抱えている人が保育士に転職しようとすると「ブランクがある自分を受け入れてくれるだろうか」という不安が生じるのも仕方ないことです。

ですが保育士の業界全体で見てみると、転職の際にブランクの有無が大きな問題になると言うことはかなり少ない傾向にあります。


これは看護師業界でも同じ傾向が見えますから、女性が主力となる業界では基本的にブランクがあっても受け入れてもらえる可能性が高いとして見ることができると言えます。
ただ転職の際に全く不利にならないのかと言うとそうでもなく、「ブランクが無くこれまで現役で働いてきた」という人と「3年間のブランクがある」という人の二人から一人を選ぶ際、二人とも全く同じ知識や技能があると判断できた場合には前者を採用したいと考える企業が多いというのも事実です。

あなたの探していた保育士の転職に関する情報をまとめました。

ですからブランクがあるからと言って諦める必要はないものの、ブランクがあると言うポイントをどうカバーするかとして考える必要はあるわけです。


保育士として働いていなかった時期に何をしていたのか、それで何を得たのか、その得たものが保育士の仕事にどう生かせるのかといったことをしっかり考えて、ブランクのことを聞かれてもスムーズに答えられるような準備をしていきましょう。

goo ニュースの情報が満載です。